電気自動車が注目される理由

借金踏み倒すのは危険過ぎる



■■【命を助けられました】被害者から感謝の声が多い法律事務所3社の比較記事はこちら■■


闇金から借りた金が、利息が雪だるま式に膨らんで、たった数万円の元本が気づけば100万円近くになっている。そんな話は珍しいことではありません。
 毎日返済と、取り立ての対応に追われていると、正常な精神状態ではいられなくなってきます。

 いっそ、このまま踏み倒してしまおうか・・・。

 そう思ってしまいますよね。
 でも、踏み倒すことは絶対にできません。

 踏み倒す、イコール逃亡する、夜逃げすることだと思いますが、闇金から逃げることはできません。
 これは闇金から逃げることはできる?逃げるとどうなる?でも紹介しましたが、相手はヤクザである場合が多く、組織力や機動力を活かして、日本全国どこまでも追いかけてきます。
 勝ち目のない鬼ごっこをするようなものです。
 そして、鬼に捕まった時には人生の終わりを意味します。

踏み倒している間にも利息は膨らむ

闇金の利息はトイチからひどい場合はトゴといった、法外な利息です。
 なので、仮に踏み倒そうとして、利息の支払いをしなければ、その間にも利息はどんどん膨らんでいきます。

 これが複利計算の怖いところで、10万円借りてトイチの利息なら、10日後には利子が1万円になりますが、その利息を返済せずに滞納すると、次の10日後には元本10万円に滞納分の利息1万円の合計11万円に対して1割の利息がつきます。

 踏み倒そうとがんばって、2,3ヶ月闇金の取り立てを逃れていても、結局捕まってしまえば、その間に利息は増えていき、最終的にとんでもない額の支払いを要求されるハメになるのです。

弁護士への相談は合法的な闇金の踏み倒し

出資法の利息上限を超えた賃貸借契約は違法であり、そもそも契約自体が無効です
 なので、利息は返済する必要はありません。
 そしてあなたが借りた元本も、法律違反をして金を儲けるための手段、つまり犯罪に利用するための金です。
 つまり、元本も返済する必要はありません。

 なので、法律上は合法的に踏み倒せるのです。
 しかし、それを自分一人でするには無理があります。いくら相手は違法業者であるとはいえ、刑罰から逃れるための法知識は豊富に持っています。
 そんな集団に素人一人で戦いを挑むのは無謀です。

 合法的に闇金の借金を踏み倒すには、闇金対策を専門にしている法律家の力を借りるのが一番です。
 正式依頼をするにはお金がかかりますが、それも闇金から借りている利息に比べれば格安です。
 それに、正式依頼をするまでは、何度でも相談は無料です。

 いくら相手が違法な業者だからといって、「踏み倒す」という違法行為で張り合ってはいけません。
 合法的に相手を追い詰めて、借金の取り立てから解放されましょう。

このページの先頭へ