電気自動車が注目される理由

頼んでもない押し貸しに注意



■■【命を助けられました】被害者から感謝の声が多い法律事務所3社の比較記事はこちら■■


お金に困っている人は、「消費者金融に申込をしてもなかなかお金を貸してくれない」とお悩みの方も多いことでしょう。
そんな状況でお金を貸してくれるヤミ金は、お金に困っている人からすると救世主のように思えるかもしれません。

こちらから頼んでもお金を貸してくれない貸金業者がいる。
その一方で、「お金に困ってませんか?よかったら融資しますよ」と申し出てくれる。
お金に困っている人にはうれしいかもしれませんが、「融資の営業」はエスカレートすると、頼んでもいないのにお金を貸す行為をすることがあります。

まるで押し売りのようですが、ヤミ金が行なうこの行為を「押し貸し」といいます。

闇金から押し貸しされたケースとしては、5000円から3万円程度のお金が、知らないうちに銀行口座に振り込まれていたケースなどがあります。

一見臨時収入か何かの間違いのように思えますが、これはれっきとした押し貸しです。
もちろん、押し貸しされたお金は絶対に使ってはいけません。
そんなことをしたら、ヤミ金の思うつぼとなってしまいます。

闇金が押し貸ししてくる理由

ヤミ金が押し貸ししてくるのは、やはり貸しつけた金の利息が欲しいからです。
押し貸しされる相手というのは、一度ヤミ金から借りて返済実績がある人です。

いくらヤミ金でも、返せなかった人間には貸しませんからね。
返済できる人に何度も借りてもらうというのは、大手消費者金融でも、ヤミ金でも手法に変わりはありません。

あと、ヤミ金もビジネスの端くれですから、ノルマがあります。
ノルマを達成しないと、自分の身が危ないという場合もあります。彼らはヤクザもしくは半グレですから、上司からの叱責は、それはもう厳しいものでしょう。
そういう事情もあって、無理やり貸しつけてくるわけです。

有効な押し貸し対策は、銀行口座を解約すること

押し貸しを防ぐために有効な対策としては、銀行口座を解約することが挙げられます。
押し貸しの被害にあうのは、以前にヤミ金を利用していた方で、その多くがヤミ金業者に銀行の口座番号を教えています。
ヤミ金業者が押し貸しを行うのは、ほとんどが銀行口座への振込ですので、その口座を解約あるいは凍結してしまえば、押し貸しのお金は口座に入ってきません。

しかし、その口座を他の公共料金の引き落としなどに使っているとなると不便ですので、新たに口座を開設して公共料金の引き落としをそちらの口座で行うようにしましょう。
そしてできればヤミ金と連絡を取って以下のような交渉をしてみてください。

このページの先頭へ