電気自動車が注目される理由

深夜早朝はあたり前!ヤミ金の取立ての実体



■■【命を助けられました】被害者から感謝の声が多い法律事務所3社の比較記事はこちら■■


ヤミ金からお金を借りると、法外に高い利息を払わされるのも大きな問題です。
しかし、一旦それが返済できないとなると、態度が豹変しアノ手この手で嫌がらせをしてくるのも奴らの手口です。

ヤミ金の取り立てで代表的なのは威圧的な言動です。
お金を貸す際などは非常にソフトな人あたりだったヤミ金の人ですが、取り立てとなると途端に態度が豹変することがあります。

「借りた金は必ず返せ!取立てに来て何が悪いんじゃ」というような、ヤクザまがいの恫喝や脅迫をしてきます。
もちろん、貸金業者から借りたお金は返さないといけないのですが、そもそもヤミ金から借りたお金は返す必要がありません。
他にも勝手に家財道具を持ち出すなどがありますが、精神的に最もダメージが大きい取立て行為は、深夜や早朝に自宅に押しかけての取立てでしょう。

貸金業法21条について。深夜早朝の取り立ては違法

そのような取り立てから消費者を守ってくれる法律が、貸金業法第21条です。
この条文では、貸金業者が順守すべき取立てのルールが明記されており、これに違反をするともちろん刑事罰の対象となります。

貸金業法第21条には、「深夜や早朝に電話や訪問による取り立てをしない」「借り手の自宅以外に連絡してはいけない」「借り手が帰れと言ったら帰らなければならない」「以上のような行為をすることを宣言しない」など10の項目があります。
まともな貸金業者は貸金業法第21条を順守しており、社内でマニュアルを設けており法律に抵触しないようにしています。

時間外の取り立ては、警察に連絡を

しかし、法令順守を徹底しているのはまともな貸金業者だけで、ヤミ金はそんなことお構いなしで違法な取り立てをしてきます。
そんな場合、「警察に連絡をしてもどうせ民事不介入で何もしてくれないでしょう」とお思いでしょうが、そんなことはありません。
今まさに深夜に借金の取り立てを受けているのであれば、悩むことなくすぐに警察に連絡をしましょう。
取り立ての際に恐喝まがいの行為をしては刑事罰の対象になるため、警察も動いてくれます。
警察が駆けつけてくれると、警察はヤミ金をとりあえず追い払ってくれます。

追い払ったスキに弁護士に相談

警察が追い払ってくれれば少しの間は取り立てがストップしますが、警察は身辺警護してくれませんし、根本的な解決とはなりません。
そこで、そのスキに弁護士に相談をしましょう。
弁護士に相談をすれば、損害賠償の請求やヤミ金との債務整理交渉なども引き受けてくれますので、根本的な解決に近づきます。

このページの先頭へ